各診療科紹介

総合診療科外来
当科では、高血圧症・糖尿病などの生活習慣病を始め、一般内科の診療をしております。町内のかかりつけ医からの紹介により、診察して入院していただくこともあります。また、必要に応じて近隣の専門医への紹介も行ないます。初診と再診に分かれており、再診は予約制で待ち時間を少なくするよう努めています。一般健康診断においては、耳鼻科外来の関係上火曜日から金曜日の午前中に、絶食にてお越し下さい。胃カメラにおいては、鼻から挿入する経鼻胃カメラもありますので、比較的楽に終わったと感想をいただいております。
診療時間は、11時30分までの受付となっております。午後は入院患者の対応に当てておりますので、救急患者は、電話にて受診のご確認の上お越しください。また、夜間21時以降は受診できませんので、お早めに受診ください。
脳梗塞や心筋梗塞などの急性期治療後、在宅までの回復を当院に転院される場合は、地域連携室を通じて情報交換し退院まで支援いたします。
寝たきり状態になり、通院できない方には、主治医の判断にて訪問診療も行なっていますので、お困りの時はご相談ください。

総合診療科外来 診察時間はこちら>>

診療部長
高木 一光

内科部長
松岡 学

総合診療科医師
迫 健太郎  

泌尿器科部長
谷風 三郎


整形外科
整形外科では、腰痛症、変形性膝関節症、骨粗しょう症などといった患者に多く利用していただいています。
診療日は、火曜日午後と金曜日午後以外は、毎日診察を行い、出来るだけ待ち時間が少なくて済むように努めております。

月曜日から木曜日までは、片岡先生が診察を行います。

金曜日は、宝塚から来てただいております黒田先生です。

お知らせです。2人のとても良い先生に来ていただいており、同じ整形医ではありますが、できれば同じ先生にかかっていただきますようお願い致します。

整形外科 診察時間はこちら>>
整形外科部長
片岡 善夫
日本整形外科学会 整形外科専門医
耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科外来は兵庫医科大学からの応援医師による診察を火曜日午前から金曜日午前まで行なっています。診察受付時間は、午前は8時半から11時半まで、午後は学校帰りの児童・生徒が受診しやすいように午後2時半から4時半までとなっています。ただし水曜日午後は学校健診や3歳児健診で休診となることがありますので、事前にご確認ください。
診察医は大半が耳鼻咽喉科専門医であり、「大学病院と同じレベルの診察」を心がけていますので、安心して受診ください。また各医師がサブスペシャリティとして専門分野を持っておりますので、それを参考に受診していただいても構いません。
めまい、突発性難聴、顔面神経麻痺、急性扁桃炎などは内科医の協力のもと、入院治療を行います。手術や当院では行なえない検査の必要な方はご希望に応じて兵庫医大だけでなく、鳥取や姫路、豊岡に紹介しております。

各医師の専門分野は以下の通りです。(耳鼻咽喉科全般の診察は全員行ないます)

耳: 阪上、三代、桂、池畑
鼻: 都築、竹林、橋本、雪辰
頭頚部腫瘍: 寺田、佐伯、宇和、佐川、毛利
めまい・顔面神経: 大田、赤澤
味覚: 福永、前田
小児耳鼻科: 奥中

耳鼻咽喉科 診察時間はこちら>>
小児科
小児科は水・木・金曜日診察を行なっています。(第1、第3水曜日は、午前中のみの診察です)
受付時間は、午前は8時〜11時30分、午後は13時〜16時30分です。
診察開始時刻は、午前9時から、午後は13時30分からとなっています。
診察は、小児科で行います。

小児科一般、小児アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息など)、
各種予防接種、栄養相談、育児相談など様々な診察を行なっています。
水曜日は発達相談外来を行なっています。
予防接種、発達相談外来は予約制になっておりますので、電話で予約して下さい。

小児科 診察時間はこちら>>
リハビリテーション科
皆さんが一日でも早く、家庭や職場、学校などの社会に復帰できるようにお手伝いします。

■運動療法
起きる・座る・歩くなどの動作練習、慢性の呼吸器疾患、腰痛の方への体操や
生活指導なども行っています。
また、少しでも早い回復を目指し、医師の指示の下、院内の他のスタッフと協力し、
病気や手術後の早期離床にも取り組んでいます。

■物理療法
牽引、電気療法や温熱療法などで筋の緊張を緩和したり、疼痛を緩和したりします。

■在宅までの一貫したリハビリテーションサービス
福祉、保健の各機関と連携をとり、退院後の生活を考慮した日常生活の動作訓練や、家庭での療養に向けての指導助言等も行っています。

診察時間: 各診療科担当医の依頼・処方により行ないます。
麻酔科
麻酔科とは痛みの外来です。今までいろんな科に行っても痛みの取れなかった人、例えば、帯状疱疹(ヘルペス)後の痛み、ぎっくり腰などの痛みなど従来の医療では充分に対応しきれない痛みをはじめとして、体の様々な不調を専門的に扱う部門です。
実際には、神経ブロック療法と呼ばれる局所注射をして、その根幹治療として、種々の薬物や刺激などによる鎮痛法などを駆使して治療に当たります。

※Mさんの体験談
くしゃみをした時に、ぎっくり腰になり動けなくなり、当院麻酔科受診し、腰部硬膜外ブロックを3回受けた後歩行出来るようになった。

公立浜坂病院 院長
五嶋 良吉

認定医・専門医等
麻酔指導医(2012年まで)


30年余り専従して来た麻酔をはなれ、現在は総合診療科の一年生として日々勉強させて頂いています。しかし、今でも”痛み”に関わる事は多いので、麻酔指導医としての経験を存分に発揮した医療業務を行なっております。
泌尿器科
 平成29年7月より開設しました。浜坂病院では、いままで泌尿器科診療はありませんでしたので新たな診療科となりますが、泌尿器科疾患は高齢者にはなくてはならない診療科の一つと考えております。
 一人での診療体制ですので手術や高度な検査、治療は困難ですが、現有する診療機器を十分に活用して正確な診断を心がけたいと思っております。排尿障害(前立腺肥大症)や畜尿障害(頻尿、過活動膀胱)が治療対象となりますが、良い薬も開発されていますので、気軽に声をかけてください。
 また、私の専門領域は小児泌尿器科ですので、こどもさんの病気、特に夜尿症などのご相談にものりたいと考えております。

泌尿器科 診察時間はこちら>>
 
泌尿器科部長
谷風 三郎
 
専門外来
(1)禁煙外来
「たばこをやめたいのにやめれない」「家族からくさい」と言われている。「健康に悪いとは知っているけど…」「健康に悪いとは知っているけど…」「禁煙できるか自信がない…」
このように思って感じている方は禁煙外来へ!!禁煙治療は保険がききます。(例:3割負担で19,050円)
タバコは自分だけでなく、周りの人にも害があります。可愛い子供が、孫が、自分がタバコの煙によって病気になる前に、一緒に禁煙しましょう!!

治療スケジュールは12週間で5回の受診です。
毎週月曜日の午後1時半から受付、午後2時から診察しています。

専門外来 診察時間はこちら>>
(2)睡眠外来
我々の健康にとって重要な問題に睡眠があります。ぐっすり眠ることは、健康の出発点のようなものです。ところが、年をとると様々な理由でぐっすり眠れなくなることが多いのも事実です。夜間に何度も目覚めて、トイレに起きたり、布団の中でまんじりともしないで夜明けを待つ…なんとも辛い話ですが、良眠を得るための環境を整えることである程度事態の改善が可能だと考えています。

特に肥満気味の方は、体形が原因で熟睡できないことが多いのです。首の周りの脂肪組織が気道を圧迫して呼吸を妨げるからです。睡眠時無呼吸と言います。これは眠っている間はずっと呼吸をしていないと言うことではありません。気道が圧迫されて、呼吸が妨げられると、しばらく息こらえの状態が続きます。そして我慢の限界を超えると急にあえぐような呼吸をする、しばらくするとまた呼吸が止まる、そんな状態を繰り返します。

そして無呼吸の間に、そのストレスのために様々なホルモンが分泌され、それが体に悪さをします。血糖値が上る、それが原因でインスリンがたくさん分泌される、そしてそのために脂肪が体に取り込まれるという一連の悪循環が始まります。またストレスのために血圧が上がり、呼吸の努力のために逆流性食道炎も起こしやすくなります。逆流性食道炎は食道がんとも関係しますので、睡眠時無呼吸症が食道がんの遠因といっても、これは風が吹けば桶屋が儲かる式のこじつけではありません。

幸いにして睡眠時無呼吸症に対しては対処法があります。睡眠外来で、その対処法に従って、睡眠時無呼吸の方の治療を行なって行きたいと思います。気軽にお問い合わせください。

専門外来 診察時間はこちら>>
検査室
検査室機器
24時間365日、迅速、正確なデータと臨床側に報告するために新しくドライケミストリー法の生化学分析装置を導入しました。採血から最短20分で結果報告が可能となりスピーディーに結果を報告することで外来患者の待ち時間短縮に貢献しています。

<検査内容>
・一般検査
・血液検査
・生化学検査
・血清検査
・輸血検査
・生理検査
放射線室
放射線室では、一般撮影・ポータブル撮影・CT検査・透視撮影・超音波(エコー)検査などを行い、診療に必要な画像を提供しています。
一般撮影
一般撮影
X線を使い人体を撮影します(レントゲン写真)。
ポータブル撮影
ポータブル撮影
コンパクトな移動型X線装置を使用し場所を選ばず撮影することができ、主に撮影室まで移動できない患者さんを撮影します。
CT検査
CT検査
人体を数ミリ単位の断面画像にし、病変や骨折などの精査・検索をします。より詳しく精査するときには造影剤を血管に注入しながら撮影します。
透視撮影
透視撮影
X線を出し続けることにより、リアルタイムで体内外の様子を確認でき、胃ろう交換や骨折の整復などに使用します。
超音波(エコー)検査
超音波(エコー)検査
超音波を利用し頸部動脈、甲状腺、心臓、腹部、下肢血管などの様子・形態を観察します。
栄養科
「入院中の患者への安心・安全なお食事の提供」
「疾病の治療と回復を目的とした栄養サポート」


栄養科では、入院中の食事は医療の一環として、患者の病状に応じ、治療、回復を目指した内容で提供しています。
併せて安全性や衛生面への配慮にも努めています。
入院中に提供しています食事に対してご希望がございましたら、出来る限りご希望に添えるよう配慮の上、提供させて頂きます。


(1)入院患者への食事

<食事時間>
・朝食  8:00より
・昼食 12:00より
・夕食 18:00より

※温冷配膳車を使用し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま提供します。

<食事の種類>
一般食
常食  老人食  軟菜食  分粥食(7分粥・5分粥・3分粥) きざみ食  ペースト食 
トロミ食  ゼリー食 流動食 高血圧食 経管栄養食 低残渣食 その他

特別食
糖尿病食  腎臓病食  心臓病食  肝臓病食  膵臓病食  潰瘍食
貧血食  脂質異常症食  痛風食  検査食  その他

※主治医の指示に従って、入院患者の栄養や病状にあった食事の提供をしています。
常食及び、疾患別の治療食など上記食種のメニューの対応が可能です。基準にあった
食事を提供するのはもちろんですが、患者に少しでも季節感を楽しんでいただけるよう、
毎月行事食を取り入れています。

行事食
クリスマスメニュー
ひな祭りメニュー
敬老の日メニュー
節分メニュー

(2)栄養食事指導
治療の一環として、医師からの依頼のもと、患者の病態に合わせた食事指導を実施しています。

※患者の予定に合わせて予約をしていただきます。
※予約状況にもよりますが外来受診後の栄養指導も可能です。

・ご本人または、ご家族も一緒に指導を受ける事が出来ます。
・お話させて頂く時間は30分〜60分程度です。
・料理される方もぜひ、ご一緒にお話を聞いて頂きたいと思います。

※お食事や体調の事(食事量が少ない、飲み込みが悪い、食事中にむせる等)で
お困りの事が有ればいつでもお声かけください。
薬局
地元にある地域の為のベッド数55床の病院です。
現在、2名の薬剤師と補助事務員とで頑張っています。

<業務内容>
・入院患者の患者毎の注射払い出し
・入院患者の内服調剤
・入院患者の服薬指導、退院時服薬指導
・入院時持参薬の鑑別、代替え薬紹介、調剤のし直し

当院は薬の袋に、名前と飲む日と用法を印字して
薬の飲みまちがい、飲み忘れがないかチェックできるようにしてあります。

・コメディカルと勉強会をします。
・老健の入所者の薬の調剤調べ

もっと薬剤師が増えたら、病棟に一人病棟薬剤師を専属にしたり、TDMを測ったり、
専門薬剤師の資格をとるようスキルアップして頑張りたいです。
看護部
公立浜坂病院のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

◆当院看護部の指針
  1. 患者様の安全を確保し、より安楽な看護を目指します
  2. 患者様を尊重し、心のこもった対応を心がけます
  3. 専門職業人として知識と技術の向上を目指します
以上を目標として看護サービスを提供いたしております。

また、看護部では、昨年より病院の方針である地域医療、予防医療、在宅医療の3本柱を中心に、地域に貢献できる看護サービスの向上に取り組んでおります。その内容を下記にご紹介致します。

■地域医療
地域医療とは、住民が抱えるさまざまな健康上の不安や悩みをしっかりと受け止め、対応するとともに、住民の生活にも心を配りながら、安心して暮らすことができる様に見守り、支える医療活動です。
そこで、看護部では、高齢者に関連した認知症看護・摂食嚥下療法・皮膚褥瘡・感染管理・緩和ケア・糖尿病看護・介護保険の七分野に分かれ、専門性を伸ばす学習をしています。また、今年度からTV会議システムを利用して県下の高次機能病院で開催されている学習会に参加し、看護の質の向上に努めています。

■予防医学
地域住民の健康維持、増進のため地域に赴き、医師を含めた多職種共同で巡回講座や院内で糖尿病教室、企業健診等を行っています。
巡回講座
糖尿病教室
糖尿病教室
■訪問診療
今後、高齢化に伴い最期の時を過ごす場所が、病院から在宅にシフトしていきます。在宅診療は、これからの高齢者を支えるために重要な役割です。当院では、週に2日訪問診療日を午後に設け、1日2~3件訪問しています。高齢者が複数の疾患を持ちながら在宅で過ごせるようご本人・ご家族を支える為、看護師も訪問診療に同伴して多職種に繋いでいます。
訪問診療
また、子育て世代を応援するため、病児保育を院内で運用開始しました。お子さんが3歳までは育児休業又は、夜勤免除が選べます。どうぞ浜坂病院であなたの看護を活かして地域医療に貢献してみませんか。そして一緒に学びましょう。
お待ちしております。


◆心と体にやさしい勤務体制
近年の動向として寝たきりの患者様や、認知症の患者様が急激に増えています。夜間の長時間に亘るケアを、2人の夜勤者で担っている病院が殆どである中、浜坂病院では目の行き届いた優しい看護を目指し3人夜勤体制をとっております。
また、何十名もの患者様をたった2人でケアすることは、体力的にもかなりハードです。3人夜勤はケアする側の心と体にも優しい勤務体制です

◆看護学校の奨学金制度について
公立浜坂病院では、看護師を目指す学生の方を応援しています。
現在、看護学校等に在学している方など目的を持って夢に向かっているあなたを応援します。

貸与金額     月額 50,000円以内
対象:新入学又は在学中の看護学生
 
<ご利用内容>
奨学金貸与対象者
看護学校等に在学する方で、卒業後に浜坂病院において勤務しようとする者。

貸与期間
在学中。(基本修学年数の範囲内。)

奨学金返済の免除
卒業後1年以内に資格を取得し、その後2年以内に浜坂病院で勤務し、引き続き勤務した期間が奨学金貸与期間に相当する場合。
※返還を免除された際に、免除された奨学金が給与所得とみなされるため、所得税及び住民税が課税されます。また、奨学金は無利息のため、利息相当額が所得としてみなされ、課税される場合があります。

返還
次のいずれかの場合は、貸与を受けた奨学金に相当する額を返還しなければならない。
・在学中、奨学金の貸与の決定が取り消されたとき。
・新温泉町の職員採用試験に合格しなかったとき。
・卒業後1年を経過するまでに資格を取得しなかったとき。
・資格取得後2年以内に浜坂病院で勤務しなかったとき。
・本人が死亡、若しくは勤務できなくなったとき。
・浜坂病院での勤務期間が奨学金貸与期間に満たなかったとき。

保証人
申請にあたって保証人1人が必要。

<奨学金制度ご利用にあたって>
この奨学金制度は、将来看護師を目指して在学中の方を対象に、看護資格取得後、浜坂病院で勤務していただくことが条件となります。

【申込・問い合わせ先】
公立浜坂病院 事務室
TEL: 0796-82-1611 FAX: 0796-82-3203



家庭の状況に合わせて勤務させて頂いています。
とても働き易いですよ。

子育て中の主婦にはもってこいの職場です。 












 
地域連携室
公立浜坂病院では、入院されている患者様が安心して退院を迎えられますように、地域関係機関との連携を図るため、平成29年4月から退院支援専任看護師1名を配置し、地域連携室を設置いたしました。

<業務内容>
■前方支援業務
  1. 各紹介元の医療機関・地域連携室と情報交換し、担当医師と日程相談し調整致します。 また、患者様やご家族の要望を確認し、転院先等へのスムーズな対応ができるよう支援します。
  2. 介護施設・ケアマネージャー等、多職種からの情報を提供しながらご相談をお聞き致します。
■後方支援業務
  1. 入院した時から退院に向けた準備を開始し、患者様・ご家族が安心して退院を向かえられますよう介護施設やケアマネジャー・訪問看護などと協働し支援します。
  2. 入院中または退院後の在宅生活の中で、ご本人やご家族が持たれる不安や悩みなどにつて介護・看護・医療相談を承ります。
【連絡先】
公立浜坂病院 二階 地域連携室 
診療時間について
受付時間
午前8:00~午前11:30(月~金)
(初診・診察券がない方は8時30分より)
診察時間
午前8:30~(月~金)
午後の診療時間
「各診療科ご案内」を確認ください。
お問い合わせ
電話0796-82-1611
メールでのお問い合わせ
HOME >病院概要 各診療科紹介