院長からのメッセージ

 皆さん、こんにちは。兵庫県北部の新温泉町に設置されています公立浜坂病院の
院長の五嶋と申します。
 私は、平成26年4月に公立浜坂病院にお世話になったと同時に院長を拝命いたしました。
 新温泉町には平安時代(西暦848年)に開湯という歴史ある山陰の山狭にある閉静な
温泉があり、1981年のNHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としてこの風情を全国に知ら
しめました。
 新温泉町は海に面した町でもあり、そこには山陰の松葉ガニ、またほたるイカの漁獲量
全国1位の実績を誇る浜坂漁港があります。加えて、但馬牛の産地でもあります。
そして、新温泉町は山、海に囲まれた自然豊かなすばらしい地域であり食についても楽
しめる地域でもあります。
 
 人口については、年々減少し平成27年2月現在では、約15,000人程度で高齢化率に
いたっては36%を超えている状況です。そんな中、公的病院としての役割は町民の
安心と健康を守ることだと思ってはいるものの、全国のへき地の病院と同じく、医師
不足のため地域に安心していただくほどの医療が提供できず町民の皆さんには大変
ご迷惑をお掛けしております。
 現在、医師数は常勤医師が4名で内訳は内科医2名、麻酔医1名、在宅担当医 1名で、
整形外科、耳鼻咽喉科、小児科については外部からの非常勤医師でどうにか凌いでい
るといった状況です。
 一方、この地域でしかできない医療を模索しながら魅力ある病院作りと思い取り組ん
でいるところでございます。その中で、“顔の見える病院”を目指し地域に赴き住民
と対話ができる体制を考え、行政と連携を取りながら出張講座を始めさせていただきま
した。また、病院内部におきましても職員の意識改革を目的として職員と意見交換を行
い”望まれる医療”と”できる医療”といったことを話し合いコミュニケーションを大切に楽
くやっています。また、当院の最重要課題であります医師招聘につきましては、医師から
見て魅力ある病院になるためにはといった視点で外部の先生のご意見やご理解・ご協力
を得ながらこれらに向かって取り組んでいます。
 
 今、この地域の急速に進む高齢化社会で我々が進む医療は、「総合診療」「予防医療」
「在宅診療」この3本柱と考えています。
  これらのことを、是非、我々と一緒にこの地でやりませんか。
 新温泉町の浜坂病院で、都市部とは違った医療を探しませんか。
 この町の皆さんの安心と健康を守るため浜坂病院で働きませんか。
 
 
  皆さんからのご連絡をお待ち申し上げます。


 平成27年8月 院長 五嶋良吉
公立浜坂病院 院長  五嶋 良吉
院長ブログは、こちらです


浜坂病院のホームページを刷新しました。

私がこの病院に着任したのが去年の4月ですから、やがて1年になります。この1年間に何が出来たかと問われれば、何とか現状を維持するのに精一杯で発展させることなど何一つ出来ませんでした。深く反省するしだいです。今春は、睡眠外来を設け、睡眠時無呼吸について、町民の方々の健やかな眠りのためのお手伝いをして行こうと考えております。睡眠は、単に夜休むということだけではなく、私たちの健康にとってもとても重要な役割を持っていることがわかりつつあります。そのあたりの事情は別の項でご紹介します。

新温泉町の平均年齢は高齢化の一途を辿っています。私も前期高齢者として、自身の健康についていろいろ問題を抱えていますので、わが身を反省しつつ、町内の施設を利用して健康教室などを企画していきたいと思います。これからより厳しくなる高齢化社会をともに乗り切って行こうではありませんか。

平成27年3月  公立浜坂病院 院長  五嶋 良吉


 
診療時間について
受付時間
午前8:00~午前11:30(月~金)
(初診・診察券がない方は8時30分より)
診察時間
午前8:30~(月~金)
午後の診療時間
「各診療科ご案内」を確認ください。
お問い合わせ
電話0796-82-1611
メールでのお問い合わせ
HOME >病院概要 院長からのメッセージ