院長からのメッセージ

髙木院長と4月から着任した医師
髙木院長と4月から着任した医師
(左から、石川医師、髙木院長、立花医長)
 
~「総合診療」「予防医学」「在宅医療」~

 このたび五嶋良吉院長の後任として、公立浜坂病院の院長を拝命いたしました髙木一光と申します。公立浜坂病院の歴史を振り返ってみますと、昭和33年公立豊岡病院組合浜坂分院として内科・外科・産婦人科でスタートいたしました。そして、昭和48年には公立浜坂病院として独立し、病床数75床の町立病院として発展して参りました。
 また、昭和57年に現在の位置に110床の病院を新築し、内科・外科・整形外科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科の診療科を整備し、地域住民の健康を守って参りました。そして、平成10年には老人保健施設の開所に併せて訪問看護ステーションの開設、その後居宅介護支援センターの開設もいたしました。
しかし、平成16年の臨床研修制度により大学病院から派遣されていた医師の多くが引きあげられ、地域医療が守れなくなり大変な状況が続いていたようです。その後も医師確保がままならず、平成26年には110床だった病床を55床に縮小したようです。このような変遷の中ではありますが、現在も地域住民の健康を守るといった強い信念を持ちスタッフ一同懸命に頑張っているところでございます。
 新温泉町の高齢化率は、全国平均27.3%、兵庫県27.8%、但馬33.5%を上回る37.5%であり、人口も年々減少しています。これに対応すべく、私がお世話になって1年が過ぎようとした平成30年3月に地域住民の皆さんのご意見も参考にしながら国の施策で新たにできた地域包括ケア病床を16床設置し、49床の病院として再スタートを切ったところです。これは、地域の皆さんが安心して浜坂病院をご利用いただくことは勿論ですが、地域包括ケアシステムを意識してのことです。前院長の五嶋先生が浜坂病院の役割として「総合診療」「予防医学」「在宅医療」の3本柱を掲げられました。素晴らしい方向性を示していただきました。正に当地域にあった医療の展開ではないかと考えているところです。私たち職員はこの方向性を継承しながら更に発展してゆく所存です。
微力でありますが、町民の皆さんの健康を守るために安心、信頼できる病院、住民目線の医療、そして職員が元気で遣り甲斐のある病院体制作りに邁進してまいりたいと考えているところです。
 今後とも皆さまのご指導、ご理解、ご協力をいただきますようどうかよろしくお願いいたします。
 
                                                        公立浜坂病院院長 髙木一光
 

 
診療時間について
受付時間
午前8:00~午前11:30(月~金)
(初診・診察券がない方は8時30分より)
診察時間
午前8:30~(月~金)
午後の診療時間
「各診療科ご案内」を確認ください。
お問い合わせ
電話0796-82-1611
メールでのお問い合わせ
HOME >病院概要 院長からのメッセージ